元気になろう!

*

大腸がん検診、大腸がん発見、検査のきっかけは?

      2015/05/30

最近日本人の死亡原因の上位に入っていて 女性より男性に多く50歳以上になると発症が増えてきます。早期発見できると治癒率も高く体への負担も少ないのですが 早期の段階では自覚症状がほとんどありません。
105663

発見のきっかけ

早期に発見するには、職場や地域の健康診断で便潜血の検査がかかせません。2回分の便を検査に出すあれです。もしくは採血で貧血が進んでいて原因を調べる過程で発見されることもありますし、ひどい便秘や下痢、腹痛、血便などの症状の精査で発見されることもあります。

スポンサードリンク

検便の他の検査って?

腹部のCTや 大腸の内視鏡検査になります。CTは輪切りのレントゲン写真みたいなものですので造影剤を使わなければ痛くもかゆくもありません。
大腸内視鏡は胃カメラと同じで(もちろん大腸用のカメラです) カメラのついたチューブを肛門から挿入して必要なら細胞を取ったり、処置を行うこともできます。

大腸内視鏡の検査だけなら入院せずに受けることもできますが 前日から低残渣食と下剤、当日も朝から多量の水分を取る必要があるので便秘ぎみの方などはちょっとしんどいかもしれません。

スポンサードリンク

注意する症状

痔がある方、出血しているのは痔だと思い込まないで検査してください。直腸という肛門につながっているところは大腸がんの好発部位でもあります。
外科の肛門鏡で痔が確認できれば治療してもらえばよいですし、痔の出血でなければポリープがあるかもしれませんので消化器内科に紹介されるでしょう。
痔があったとしても 下痢と便秘を繰り返す、便がえんぴつのように細い、便が残っている感じがする、お腹が膨れて吐いてしまうなどの症状があるなら
精査することお勧めします。

まとめ

早期発見だと内視鏡の処置だけで済むこともあるのですが、症状がないためその時点での発見は多くないそうです。検診で便潜血が(‐)でも ガンが出来ている場合もありますし、逆に潜血(+)でも 痔だったり良性のポリープだったりすることもあります。しかし、きっかけとしては便潜血の検査が一番侵襲がなく楽な検査なので40才を過ぎたらなるべく受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

086189
怖がりな発達凸凹男の子 苦手を克服する方法 

発達凸凹の男の子の中には推察力が弱く、経験しないことは想像できない。知らないこと …

141621
高熱が出た のどの痛みがあれば 溶連菌感染かも

寒さも本格的になってきたこの季節。高熱と言えばインフルエンザと考えがちですが冬に …

no image
父の日のプレゼント60代のお父さんには何がいい?

60代の男性というとすごく高齢なイメージですがタレントさんだと60過ぎには見えな …