元気になろう!

*

はじめての介護、夏 ③皮膚トラブル予防

      2015/05/29

 若い人のように代謝がさかんなわけではありませんし、バリア機能も低下していのでトラブルも多くなります。高齢者は皮膚の水分量が少なく弾力もなくなっていますので乾燥しやすく、傷つきやすいのです。

室温、湿度の調整

脳梗塞の後遺症など体温調整が上手くできないことがあります。お布団1枚でも38度台の発熱が見られることもあります。また お腹は冷やせないと腹巻をしてあせもが出来ていたり。高齢者が快適と思う温度が適温とは限りません。夏の日中気温が高くなるときは 除湿やクーラーを上手に使って下さい。

スポンサードリンク

汗の対策

汗をかけば潤うような気がしますが、汗には塩分をはじめミネラル分が含まれるため多量の汗を長時間放置しておくと細菌が増えて毛穴をふさいだり、刺激になったりします。とくに二面接触部(脇、お腹や胸のたるみ、足のつけねなど)は よく湿疹ができたり、かぶれたりするので注意が必要です。 入浴時もナイロンタオルなどでゴシゴシこすって刺激を与えず、刺激の少ない素材でやさしく洗い流しましょう。その後はしっかり水分を拭き取ってください。(こすらず、押し拭き) 入浴しないときや 日中暑い時などもタオルをしぼって汗を拭きとるとよいでしょう。 使いすての紙タオルなどでも構いませんが、パウダー入りやアルコール入りのものは避けましょう。

スポンサードリンク

湿疹ができたら

家にある薬を適当に塗っていると 悪化することがあります。本人用であっても 原因が違うと逆効果の場合もありますし、かゆみ止めも状態によっては皮膚に負担がかかることもあるので飲み薬の方が良い場合もあります。清潔にしていても改善が見られない場合は早目に皮膚科受診することをお勧めします。普段の食事の中ではビタミン類をしっかり取りましょう。

まとめ

高齢者の皮膚のトラブルは長引きがちですので悪化する前の早目の対応が大切です。また、繰り返すことも多いので治ったあとも時々皮膚のチェックをしましょう。 

スポンサードリンク

 - はじめての介護

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

パステル色鉛筆
おばあちゃんへのプレゼント 脳トレ指先リハビリになるものは?

60代後半にもなってくると 病気や体調不良で外出が億劫になったり抑うつ傾向になっ …

153639
はじめての介護 尿で健康チェック おしっこの異常

自分でトイレに行ける間は おしっこのことなど確認しようもないのですが、介護が必要 …

141621
パーキンソン病の介護

パーキンソン病は進行していく神経難病ですが、パーキンソン症候群というものもありま …

153639
はじめての介護 はじめての大人のオムツの選び方

年をとってくると トイレは近くなるし、尿漏れはしやすくなるし、切れは悪くなるし… …

153639
高齢者の発熱、こんな症状があれば尿路感染かも

高齢者でオムツを使っている方の発熱の原因の1つに尿路感染があります。 『おしっこ …

153639
高齢者の皮膚トラブル、皮がずるっとめくれた時 めくれた皮膚は?

高齢者の皮膚は水分が少なく、弾力がありません。そのため少し刺激でも 皮がべろりと …

185301
はじめての介護 便の異常 (便の色、便秘、下痢)

便の異常も日常的なものから病気が隠れているものまで色々あります。 便の色 食べ物 …

153639
はじめての介護、夏 ①脱水、熱中症予防

脳梗塞で後遺症が残ったり、長期入院した後などは 体の不自由さが目に見えて分かるの …

153639
高齢者 見えないはずのものが見えている、幻覚、幻視?どうしたらいい?

テレビの横に小さな人がいる、タヌキが…おまたに蛇が…見えるはずのないものが見えて …

141621
高齢者 急に話が通じなくなった、認知症って急になるもの?

歩いているし、話もしている。だけど いつもとなにか違う。ボケた?! 話が通じない …