元気になろう!

*

眠れない!! 眠れる方法いろいろ試したい!!

      2015/05/28

眠れない夜、つらいですよね。病棟看護師をしていた時は不規則勤務でしたから徹夜も当たり前。疲れているから眠りたいのに『眠れない』寝ても2、3時間で目が覚めて疲れがとれない。これが続くと精神にきますね。認知能力も確実に落ちます。眠れない原因別に対処法を紹介します。

脳の興奮

体が疲れていても脳が興奮状態だとなかなか寝付けません。
眠れないからと、スマホでゲームを続けていたりすると余計に眠れなくなります。光の刺激もよくありません。寝る前には刺激の多いものは避けましょう。

メラトニン不足

睡眠ホルモンの分泌を促すには、光の調節と材料が必要です。
メラトニンは暗くなると脳の松果体から分泌されます。ですから就寝の数時間前から明るさを落とし(蛍光灯より白熱灯系の灯りが良いようです。)パソコンやスマホを控えましょう。テレビも明るさを調整し、寝るときには消しましょう。光や音の刺激は思っている以上に影響があります。逆に、昼に寝なくてはならいときは遮光カーテンなどで暗くするといいのです。

しかし、年齢とともにメラトニンの分泌は少なくなります。そのため高齢になると睡眠時間が短くなってしまうのです。

そうなってくると明るさ調整だけではなかなか眠れませんので、材料を補給しメラトニンを増やそうと思うのですが、メラトニンの材料はセロトニン(幸せホルモンと呼ばれているもの)です。セロトニンの材料はトリプトファンというアミノ酸ですが、なんと、脳より腸での分泌の方が断然多く脳での分泌は全体の2%しかありません。すなわち、材料を食べるだけでなく腸のケアをするとセロトニンを効率的に増やせるという事です。腸のケアについては自律神経のところで説明します。

トリプトファンを含む食べ物:赤みの魚、肉、大豆製品、乳製品、ごま、ふ、落花生など

自律神経の乱れ

自律神経には交感神経(緊張)と副交感神経(リラックス)がありこのバランスが崩れると眠れないだけでなく、いろんな不調が起きてきます。

スポンサードリンク

緊張が続いていたりストレスがたまっていると交感神経優位な状態が続き休みたくても神経が休まらない状態になります。コーヒーなどのカフェインも交感神経を刺激します。リラックスするためには副交感神経を優位にしなければならないのですが、自律神経は自分の意思とは関係ないので体は休めていても疲れがとれない、眠れない、となるのです。

副交感神経を刺激するには
お腹を温める。繊維質物をしっかり食べて腸を刺激して動かす。意識して水分も(できれば ただの水)とって下さい。水だけだとたくさん飲めませんが 少しずつ増やしていくといいです。 それからお腹のマッサージ。強くゴリゴリ押してはいけませんよ。ゆっくりやさしく硬い場所や痛い場所を観察しながら『の』の字を書くようにマッサージしてみましょう。

寝ている時の体温を下げる。
質の良い眠りには深部体温を下げる必要があります。最近は低体温の人も多く体温が下がらないので入眠2時間前くらいに お湯につかってしっかり体を温めます。(10~15分程度) そうすることで自然に体温が下がって眠りに入りやすくなります。

基礎体温をあげるには、筋肉量を増やしたり腸の動きをよくする必要があります。

まとめ

最悪、太陽の下で2時間もスポーツして お風呂に入れば寝れるんじゃないかとも思うのですが そんな時間も体力もないから眠れないんですよね。毎日できるものでもないし。仕事で疲れるのと、スポーツで疲れるのは全く違いますから週に1回でもスポーツで眠れる日を作ってもいいかもしれません。

眠れないから『アルコール』では内臓が休めませんし、睡眠薬は『無いと眠れない』と依存しやすくなります。時にはそういう方法を使うこともあるかもしれませんが、長い目でみるとおすすめできません。

こちらの記事も参考にどうぞ↓
新入学、新入社、緊張して眠れないときにぐっすり眠むる方法

スポンサードリンク

 - 病院へ行く前の対処法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

140926
胃の不調 逆流性食道炎 胃酸が足りているかどうか調べる方法

季節の変わり目で体調を崩す人や、なんとなく調子が良くない人、増えていますね。 胃 …

花粉症
秋 喉の痛みや咳 アレルギーが原因かも 対処法は? 

夏の終わりと共に何となく体調が崩れ、疲れているのか風邪かな?と思うような症状に悩 …

141621
卵巣嚢腫 腹腔鏡手術の失敗体験談

卵巣嚢腫の中でも皮様腫というものがあります。腫瘍の中に髪やら脂肪やらができるもの …

141621
肺気腫と暑さ対策 エアコンの使い方を間違えると…

高齢というだけでも夏の暑さがこたえるのに 持病があるともっと負担が…。熱中症にば …

no image
うつ病は脳の炎症?!学習機能、記憶力の低下に効く手作りスムージー

昔、記憶力の低下やもの覚えが悪くなり仕事がつらくなって、私は認知症じゃないだろう …

141621
高熱が出た のどの痛みがあれば 溶連菌感染かも

寒さも本格的になってきたこの季節。高熱と言えばインフルエンザと考えがちですが冬に …

141621
日焼けのあとの 湿疹、かゆみ 対処法

子どもの見守りについて行っただけなのに…日陰にいたのに。焼かないようにしていたの …

141621
不整脈の人は 夏の脱水、心筋梗塞、脳梗塞に注意

夏は誰でも脱水に注意が必要なのですが、不整脈がある人は人一倍注意が必要です。 不 …

141621
感染性胃腸炎(ノロウイルス)の治療 病院へ行くタイミング

冬になると流行ってくるノロウイルス 気がついたときには家じゅう順番に感染していた …

148733
夏バテ予防、低血圧編

血圧とは 心拍出量×末梢血管の抵抗=血圧です。 夏は暑くて血管が広がりますから元 …